ゲーム脳と脳とテレビゲームについて ゲーム脳って恐怖?

ゲーム脳」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

ゲーム脳」とは、テレビゲームばかりしていると脳が
壊れていくということです。

本当にゲーム脳恐怖なのでしょうか?


よく、週刊誌や雑誌なでもこの「ゲーム脳」については、
取り上げられているのでなじみがあることでしょう。

おそらく、テレビゲームの画面をぼーっとみていることから、
思考も何もしない時間を長く過ごすことから、脳が溶けて
いくのではないのか?

というイメージからきたものと考えられる。

しかし、この「ゲーム脳」ついては、専門家は否定的で
あり、科学的根拠もあるかといえば、そうではないのだ。

「ゲーム脳」がエスカレートして、ゲームばかりしていると、
子どがきれやすくなり、脳が溶けるなんてまことしやかに
ささやかれている」というのは大学教授の言葉である。

「ゲーム脳」は現実とバーチャルの区別がつかなくなると
連想されることから、凶悪犯罪と結び付けられやすい。

また、最近では、「ケータイ脳」という言葉もでてきたほどだ。

おそらく、携帯メールを長時間ぼーっとしているところから、
このケータイ脳とうのはきているのだろうか?

その大学教授は、磁気共鳴画像装置(MRI)などを使いある
実験をおこなった。

それは、ゲームに熱中している最中は、脳のどの部分に
活性化がみられるかを実験したのだ。

すると、結果は、ロールプレイングゲーム、シューティング
ゲームやアクションゲームなど、それぞれのゲームの種類
によって、脳の活発になる仕組みが違ってくることがわかった
とのことだ。

ロールプレイングゲームなどのように、ものを考えながらお
こなうゲームであれば思考や創造、自発性といった、
脳の高度な機能をつかさどる部分が活性化されることも
あるという。

そうなると、ゲームによる脳への影響はひとくくりにはできない
思う。

そうかといって、今まで言われきた「ゲーム脳」が俗説とみな
し、ゲームが子どもの成長・発達に全く害がないとは言い切れ
ないところがある。

一日中ゲームばかりに時間をとられれば、当然、生活や
対人関係に悪い影響が出ることもある。

特に子どもにとっては、成長期において多様な経験をしない
と、さまざまな能力は育たないのだ。

ゲームは生活を豊かにする道具の一つと考えたら
どうだろうか?

そして、ゲームばかりやりすぎることなく、やはり何事におい
ても、時間管理が大切ということである。

サイト内検索

○おすすめサイト○
手品のススメ

楽天で探す
楽天市場

カテゴリー

 

Copyright © 2006 おもちゃの宝王国からしあわせなタカラもの見つけなサイト. All rights reserved

TOPへ コラム ゲーム脳と脳とテレビゲームについて ゲーム脳って恐怖?